ホーム > Blog > 交通事故・むち打ち > 交通事故被害で損保会社の担当の対応が、、

ブログ記事

交通事故被害で損保会社の担当の対応が、、

2013.05.15 | Category: 交通事故・むち打ち

昨日きた患者さんは損保会社の担当から「整骨院への通院は1か月間しか認めません!」と言われたそうです。

 

病院の先生から「診断書」と「口頭及び書面にて整骨院での施術を受けても良い」というものがあれば、法律上は整骨院で施術を受けることは問題ありません。

 

このときに、損保会社の担当者が「整骨院での施術を認めない!」と言われた場合は、まずはその担当の上司に事情を説明して担当を変えてもらうのが一番無難です。認めないというのは、その担当が決めることではありません。病院の先生の裁量が大きな割合を占めます。

 

これでも断固認めない!と、言われたら「弁護士」に頼みましょう。

 

ご自身で加入されている自動車保険に「弁護士特約」がついていれば、無料で相談することができます。

 

弁護士から損保会社へ注意・警告があれば対応がガラリと変わります。これでも変わらない場合は、弁護士から金融庁へ連絡が入ることになります。そこで、金融庁から何かしらの勧告があれば、おそらく損保会社担当者とその上司は会社を辞めることになるでしょう。

 

そのくらい、やってはいけないことをこの担当者はやっている。ということです。

 

これがわかっていれば、患者さんは安心して整骨院に通院することができます。

 

損保会社に振り回されるのは本当に煩わしいですからね。あと、自分の保険に「弁護士特約」が付いているかどうかを確認しておいた方がいいです。

 

ということで、何かあったときは整骨院までまずはご相談ください。