ホーム > Blog > 交通事故・むち打ち > 交通事故で転倒し腰部ヘルニアに!そのあとは、、、

ブログ記事

交通事故で転倒し腰部ヘルニアに!そのあとは、、、

2013.03.13 | Category: 交通事故・むち打ち

こんにちは、葛西のT&C鍼灸・整骨院の鈴木です。

 

先週、交通事故被害にあわれた患者さんが来院されました。

 

スクーターに乗っていて、急にバックしてきた車にぶつかり転倒したようです。

 

その際に、腰をひねったか、ぶつけたかは本人は覚えていないようですが、強い腰痛と、坐骨神経痛がでました。

 

病院で精密検査をしたところ、「腰椎椎間板ヘルニア」の診断がなされました。

 

本人はこれまでに、腰痛はなかったと言っていました。

 

そうです、交通事故が原因でヘルニアが発症してしまったのです。これは大変なことです。

 

ヘルニアは自然に完璧に治癒するのがとても難しい障害です。

 

整骨院ではまず、電気治療などで、痛みやしびれの症状を取り除く治療はおこないます。

 

ある程度の期間の治療で、症状がだいぶ落ち着いたら、今度は後遺症の申請を視野に入れ、定期的な病院での検査をしながら約半年間、経過観察をします。

 

それでやはり症状が少し残っているようでしたら、病院で後遺症診断をおこないます。

 

後遺症診断は、必ず後遺障害を確定させるものではありませんのでご注意ください。

 

そうしましたら、あとは保険会社との診断書のやりとりになります。

 

ここで、活躍するのが「司法書士」や「弁護士」です。

 

T&C鍼灸・整骨院、すずき整骨院では、司法書士事務所と弁護士事務所への無料相談ができるシステムになっております。

 

特に、後遺障害の認定を受ける際には、絶対に司法書士を介してください。提示される金額が2倍から3倍も違います。

 

交通事故のお怪我には、完全に治るものと、どうしても症状が残るものがあります。

 

交通事故でのお怪我、保険のご相談は、今すぐにすずき整骨院か、T&C鍼灸・整骨院にご相談ください!