ホーム > Blog > スポーツ > お膝が痛いのは体重が重いから?

ブログ記事

お膝が痛いのは体重が重いから?

2013.03.09 | Category: スポーツ

こんにちは、葛西のT&C鍼灸・整骨院の鈴木です。

 

2月から3月にかけて、スポーツクラブの会員さんから「膝が痛くなって困っている!」との相談がとても多くなっています。

 

特に、エアロビクスやHIPHOPなどの膝の曲げ伸ばしをたくさん行う種目をする方が痛みを訴えます。

 

スポーツクラブは「ダイエット」目的の方が大半です。なので、平均よりも体重がかなり重い方が多いです。

 

そのような方が、エアロビクスなどの強度が高めの運動を始めると、膝や腰、足首に負担がかかるのは当たり前といえば当たり前です。

 

じゃあ、体重が重い人はエアロビクスをしてはいけないの?、、、そんなことはないです。

 

まず、人間には体重を支える「抗重力筋」というものがあります。

 

背中の筋肉、腹筋、おしりの筋肉、大腿部の筋肉、ふくらはぎの筋肉、すねの筋肉が代表的なところです。

 

この6種類の筋力トレーニングを徐々におこない鍛えていけば、エアロビクスを楽しむことができるようになります。

 

目安は、2か月くらいで効果が出始めると思います。継続は力なりで、それを継続していきましょう。

 

筋トレが嫌い!とか、言わないでくださいね。