ホーム > Blog > スポーツ > トレーニングの「壁」!

ブログ記事

トレーニングの「壁」!

2013.03.08 | Category: スポーツ

こんにちは、江戸川区葛西のT&C鍼灸・整骨院の鈴木です。

 

1月からですが、かなり久しぶりに本気でウエイトトレーニングを始め、ただ今継続中です。

 

で、身長171cm、体重65kg、体脂肪率13,5%だったのが、この2か月間で、なんとほとんど変わっていません。

 

しかし、筋力や持久力はどんどん向上しています。ジョギングも最初は10分で疲れましたが、今では40分くらいできます。

 

ベンチプレスも最初は40kgくらいでも重く感じていましたが、今では80kgでトレーニングができるようになっています。

 

これは、肉の発達ではなく、神経系統の発達によるものです。

 

で、ここからが今日の本題です。このまま体重も体型も変わらずに、筋力や持久力がどんどん向上するでしょうか?

 

これはそうもいきません!この先には、「壁」が出てくるのです。

 

特に、「筋力」で顕著に出てきます。

 

筋肉のパワーは「筋肉の横断面積」に比例します。これは地球上の生物なら全てに言えます。

 

今、私がベンチプレスで100kgを持ち上げたいと思っていますが、これにはあと3~4kg程度の筋肉による体重の増加が必要です。

 

これも、腕だけを鍛えて太くしてもダメです!

 

体は、全身でひとつです。腕を支えるのは肩ですし、肩は胴体にくっついています。胴体を支えるのは腹筋、背筋や骨盤です。骨盤を支えるのは足です。体をトータルで鍛えて体重を増やしていくと、「壁」を突破できるようになります。

 

あとは、「フォーム」がとても大事なのですが、なかなか文章で書くのが難しいので置いておきましょう。

 

体重を増やすために1番大切なのは、食事です。トレーニングではなく、食事です。何回も言います、食事です。

 

トレーニング3割、食事7割です。

 

これを読んでくれた方、なんとか理解してくれた方、「壁」を突破できると思います。持久力に対しては別ですが。