ホーム > Blog > 交通事故・むち打ち > 交通事故の後遺症は治らない?

ブログ記事

交通事故の後遺症は治らない?

2013.02.27 | Category: 交通事故・むち打ち

 こんにちは、T&C鍼灸・整骨院の鈴木です。

 

今週は、「昔に交通事故にあってから首が時々痛くなる」、という方が何名か来ています。

 

しかも、10年以上前のことです。こんなに前のことが未だに症状が現れるのでしょうか?

 

首や腰の中心には背骨があります。背骨の中心には「脊髄」といって、神経のおおもとがあります。

 

むち打ちなどの症状が出ていた方は、この脊髄が圧迫されて少し傷がついているときがあります。

 

神経線維は、圧迫されたり、引き伸ばされたり、切れたりすると、「痛み、しびれ、脱力」が起こります。

 

傷がついているのは、その何か月で治りますが、「圧迫」などはなかなか取れるものではありません。

 

傷が治っていても、しびれたり、脱力感が出ているものが後遺症の症状です。

 

これを改善するのはかなり難しいです。

 

で、この症状をとるには、根本的なところを改善させるしかありません。

 

そうです、姿勢の改善です。一度、体を痛めたことがあると、姿勢が変わります。

 

矯正治療、ストレッチ、特殊電気治療などを使って、どんどん良くしていきましょう。

 

これも忍耐が必要です。

 

すぐには治りません。目安は2~3か月です。

 

後遺症の症状でお悩みの方は一度、整骨院までご相談ください。もしくは、お近くの病院で再度検査を受けるのもいいと思います。