ホーム > Blog > スポーツ > スポーツの「上手」はタイミング!

ブログ記事

スポーツの「上手」はタイミング!

2013.02.12 | Category: スポーツ

こんにちは、T&C鍼灸・整骨院のすずきです。

 

昨日は月曜日ですが、祝日だったので久しぶりに子供の少年野球の試合を見てきました。

 

子供のチームも、相手チームもよく練習しているようで、ピッチャーと守備がとても上手でした。

 

低学年の試合なのに7回までやって1時間半足らずで終わったので、見方によってはとてもしまった試合でした。

 

が、ここで物申したいのは、「両チームとも全然打てない!」ということです。各チームで2,3本のヒットが出ただけでした。

 

小学校低学年の試合なんて、「点を取ってなんぼ!」じゃないんですかねぇ?

 

ヒットをたくさん打ちたい!ホームランを絶対に打ちたい!というのが小学生の野球だと思うんですが。

 

で、見ていて思ったのが「ちょータイミングが悪い!」ただ、それだけです。タイミングをとって振っている子は1人しかいませんでした。

 

ボールを見ることは大事ですが、さすがに「ボールが来たのをじっと見つめて打つ!」なんて、そんなことは絶対にできません。

 

ピッチャーがボールを「ヒューン!」て投げたら「ドン!」って打つような「ヒューンドン!」のタイミングで打てば軽く外野に飛びます。

 

あと、ピッチャーが変わったのを1球目から打とうとしても中々うまくタイミングが取れないと思います。

 

1球目はタイミングだけで2球目から打てばいいのに。どうせストレートしか投げてこないんだから。

 

という感じで、昨日見ていて少しもどかしかったので、ブログに書いてみました。

 

なんかタイミングを上手に取る練習を知っている方は、教えてください。

 

私は昔からどんなスポーツでも「ヒューンドン」とか「ヒュウウンバチン」とか効果音でタイミングをとっていました。