ホーム > Blog > スポーツ > オスグッド病(成長痛)と少年野球

ブログ記事

オスグッド病(成長痛)と少年野球

2018.08.23 | Category: スポーツ,スポーツ治療院

こんにちは、院長の鈴木です!

成長期のスポーツ障害は整骨院で治療すると治るのが早いです。

私は高校の途中まで野球をやっていました。25年前の小学生の時は中国遠征まで行き試合したりかなり本気でやっていました。

で、中学生になることに「オスグッド病」にかかり1年間野球ができなくなりました。

こわいんですよー、オスグッド病。友達はセーバー病というのにかかり、半年間野球ができなくなりました。

いわゆる成長痛ですね。オスグッド病は膝、セーバー病はかかとです。

昔からある成長期の障害のひとつですが、最近も野球少年でオスグッド病がいました。

1回治療して、練習や試合に出れるようになり、現在も治療継続中で、ほとんど痛みが消えています。

野球の大会で優秀選手賞もとりとても喜んでいましたね!よかったよかった!