ホーム > 自転車事故

自転車事故

自転車事故でも後遺症が残る事も…江戸川区中葛西の整骨院で早めに治療を

自転車事故の怪我はつい軽く考えてしまわれがちです。しかし、スピードを出している自転車が歩行者とぶつかったり、自転車同士でぶつかったりした場合には、大きな怪我をしてしまうこともありますし、きちんと治療を受けていかなければ後遺症が残ってしまうということも考えられます。
そのため、自転車事故であっても、自動車事故と同じようにお早めに医療機関を受診するようにしましょう。

倒れた拍子に腰を強く打ちつけてしまったり、頭や全身を強く打ちつけてしまうこともありますので、自転車事故直後ではなく、しばらく時間が経ってから急に痛みが出てくるということもあります。
痛む部分のレントゲンを病院で撮ってもらって細かく検査をしても異常が見られないという場合もありますが、そういった場合には江戸川区中葛西セントラルスポーツ整骨院の治療をオススメいたします。

自転車事故の衝撃によって微妙に骨格がズレてしまっていたりすることも多く、わずかなズレのためレントゲンでは見つけられないということも多いのです。
異常が無いと言われたから痛みがあっても自然に治るだろうと思っていると後々強い痛みになったり、後遺症が残ってしまうこともありますので、早めに江戸川区中葛西セントラルスポーツ整骨院にて治療を開始していきましょう。